猫壁(にゃんぺき)は賃貸で取り付け可能? 原状回復できるの?

リクシルから新発売された猫壁(にゃんぺき)。

壁面パネルを自宅の壁に取り付ける施工は、賃貸物件で可能なのでしょうか。

またできるとしても原状回復は可能なのでしょうか。

そんな疑問にお答えするべく、この記事ではその可否についてまとめています。

それに加えて、原状回復のための費用、マンションでの取り付け可否、取り付け可否の相談窓口などについてもお伝えしています。

猫壁(にゃんぺき)が、賃貸で取り付け可能かという疑問が、これで解消しますよ。

猫壁(にゃんぺき)は賃貸で取り付け可能か

賃貸物件でも取り付け可能です。

ただし大家さんなど管理主にあらかじめ可否についての確認が必要です。

取り付けは可能でも、大家さん側で許可が下りていないと、あとあと問題が起こる場合もありますので、しっかりと了承を取っておいた方がいいですよね。

原状回復できるのか

原状回復可能です。

退去時に壁紙やクロスの張替えによって可能です。

ただし壁紙やクロスの張替えなどの原状回復のための対応や費用は、負担する必要があります。

また原状回復の対応が、この壁紙やクロスの張替えで問題ないかも、あらかじめ取り付け前に大家さんなどの管理主へ確認が必要です。

原状回復のための費用

原状回復のための費用は、上記の壁紙やクロスの張替え費用のほかに、壁面パネルを取り外すための工事費用もかかります。

壁面パネルの設置時、一度壁紙をはがし、接着剤と両面テープで壁面パネルを固定させます(壁にねじやビスで穴は開けません)。

この方法は、例えばキッチンのパネルと同様の強力な固定方法です。

そのため壁面パネルを取り外すための工事が別途必要になります。その上で壁紙やクロスの張替えを行うことになります。

マンションで取り付け可能か

マンションでも取り付け可能です。

しかしやはり工事の際の資材搬入や施工について、あらかじめマンションの管理組合に可否の確認が必要です。

取り付け可否の相談窓口はあるか

あります。

専用メール (株)LIXILビジネスインキュベーションセンター マクアケ窓口 ( lhtj_bic_makuake@lixil.com )になります。

比較的大きな買い物になりますし、愛猫のためにもしっかりと専門家に相談したいですよね。

例えば壁の大きさが製品の規格に合わないが、切断などの対応が可能なのか等々、ご事情に応じてご相談すべきことはあるかもしれません。

ただし上の項目でもお伝えしたように、賃貸物件やマンションでの最終的な取り付け可否は大家さんや管理会社、あるいは管理組合になりますので、ご注意ください。

画像引用:LIXIL https://www.lixil.co.jp/lineup/s/catwall/

工事期間はどのくらいかかるか

約半日かかります。

当日30分ほどの事前打ち合わせをした後、実際の工事が3時間程かかります。

これに先立って現場調査というのがあります。その現場調査のあと約2週間で、実際の工事となります。

猫壁(にゃんぺき)はここがすごい!

キャットウォークをDIYしようと思っても、賃貸だと壁に傷をつけられないからできなかったり、だからといってキャットタワーを置いても倒れてきたり、場所を取ったりで、困ることも多いですよね。

またたとえDIYできたとしても、すぐに愛猫が飽きてしまったり、成長や性格に応じて高さや間隔を変えたい場合、簡単には取り外しができません。

そんな困りごとを一気に解決してくれたのが、この猫壁(にゃんぺき)です。

壁に鉄の入ったパネルを設置し、そこにマグネットのトンネルや箱、L字型のパーツを自由自在に取り付けることが可能です。

猫壁(にゃんぺき)の耐荷重についてご興味のある方はこちらの記事もどうぞ

猫壁(にゃんぺき)は賃貸で取り付け可能? 原状回復できるの?|まとめ

今回の記事では、猫壁(にゃんぺき)の賃貸での取り付け可否と原状回復可否、そして原状回復のための費用、マンションでの取り付け可否、取り付け可否の相談窓口などについてお伝えしました。

猫壁(にゃんぺき)が、賃貸で取り付け可能かという疑問が、解消されたのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました